Card image cap

2019/09/04 8:46

MTGアリーナに何円課金すればいいの?

こんにちは!みなさん、MTGアリーナしてますか?
ここ最近は毎日のように全知ドラフトを回してたんですが、そのおかげでM20は課金を一切せずに80%ぐらいのレアを集めることができました(全体で53種×4枚/種 = 212枚中170枚ぐらい)。

※現時点のジェム数が基本セット2020スタート時点の保有ジェム数から1700ジェムほど消費減少しているので、厳密には1000円分ぐらいの課金をしている事になりますが・・・

このまま行けば基本セット2020のコンプリートも見えてきたので、

「1エキスパンションのレアを全てコンプリートするためにはいくら課金すれば良いか?」

(パック外のレア/神話レアおよび、通常パックから出る神話レアのコンプリートは目指さない。ただし、通常パックのレアのコンプリートを目指せば通常パックの神話レアは大体半分ぐらい集まると思います)

という点について書いていきたいと思います。


プレイスタイル

とはいえ、アリーナはデイリー報酬やマスタリーなどで報酬を得ることが出来ますし、その報酬の量がプレイ頻度によっても変わってきます。したがって、今回は以下のような前提条件を置くこととします。

1.クエスト報酬(550G or 750G)は全て獲得する。デイリー報酬(4勝分=550Gの)も獲得する。

2.マスタリーパスは購入する。

3.マスタリーは100レベルまで到達する(エルドレインのマスタリーの報酬がわからないので、マスタリーの報酬は基本セット2020のマスタリーを基準に考えます)。

4.Vaultの報酬は考慮しない(多分2回ぐらいは開けられるとは思いますが・・・)

5.(量が不定のため)イベント報酬やコードによる報酬は考慮しない。アンコモンの報酬がレアに変化するのも考慮しない。

この5点から考えていきましょう。(イベント報酬/Vault/アンコモンのレア変化 はいずれもプレイヤーに有利な内容なので、最終結果よりは課金料が若干抑えられることになります)

要するに目標は何?

一言で言ってしまえば

「3ヶ月間の間で、”パックを剥いて得たレア+ドラフトでピックしたレア+取得したレアのワイルドカードの合計”が212枚」

になるのが目標です。

基本となるのはパック開封です。ここでは簡単のために、パックを120パック剥いた時に何が起こるのかを考えて見ます。

まず、パックを120パック剥くと平均して、レア+レアのワイルドカードが合計で105枚、神話レア+神話レアのワイルドカードが合計でが15枚入手できます
また、パックを剥くことによるワイルドカードの入手量は、6pack毎に1枚がもらえますから、ワイルドカードを20枚入手できます。
このパック報酬のワイルドカードは5枚のうち1枚が神話レアのワイルドカードとなりますから、レアのワイルドカードは16枚入手できます。したがって、レアは平均して121枚相当分入手できることになります。

120pack剥いて121枚分のレアが得られるわけですから、概ね1パックにつき1枚分のレアが得られると考えて良いでしょう。

ちょっと面倒な計算を挟みましたが、結果としては

212パック=212 ×200ジェム=42400ジェム分の資産を形成することを目標とします。

※現金換算すればおおよそ25000円ぐらいになりますから、MTGアリーナは1ヶ月に8000円ほど課金すればコンプリートできることになります。かなり良心的ですね。

報酬の合計

以下、報酬の種類毎に見ていきましょう。

・エキスパンションマスタリーの報酬

エキスパンションマスタリーでの報酬は以下の通りです

・ブースターパック56パック
・10000G
・2000ジェム

このうち、ブースターパックについては、他エキスパンションのパックも含まれます。例えば基本セット2020ではラブニカのギルド、ラブニカの献身、灯争大戦のパックが含まれています。したがって、基本セット2020のマスタリーの報酬では「基本セット2020のパックを56パック剥いた」ということにはなりません。しかし、他エキスパンションのパックも出るということは、裏を返せばあるエキスパンションのパックが他のエキスパンションのマスタリーでも得られるということです。(この辺りの仕様は、まだ正確にはわかっていません。例えば、エルドレインの王権ブロックのマスタリーではラヴニカのギルドブロックのパックは出ないかもしれませんし、パックの報酬自体も増減しているかもしれません)

そのため、エキスパンションマスタリーのパック報酬は、「当該エキスパンションのパックを剥いたと同等の価値がある」と考えます。

よって、ブースターパックによる報酬の価値は11200ジェム相当になります

ゴールドについては、パック交換費用から200ジェム=1000Gの価値になりますから2000ジェム相当です。

結果としては、

ブースターパック報酬:+11200ジェム
ゴールド:+2000ジェム
ジェム:+2000ジェム
マスタリーパス:-3400ジェム

となるので、マスタリーでは11800ジェム相当の資産形成を行えることとなります。

・クエスト報酬+デイリー報酬

クエスト報酬については500Gのものと750Gのものがありますが、「500Gのクエストを達成しないようにして、750Gに変化するのを待つ」というスタイルをとると、デイリー報酬の獲得が難しくなってしまうという問題があります。
無理に750Gのクエストにするのではなく、デフォで750Gのを引いたり、毎日1回チェンジしてたまたま750になったらラッキーぐらいの感じでプレイすると、体感で概ね3~4割ぐらいは750Gのクエストを達成できるかと思います。
したがって、クエスト報酬は(500G×0.7 + 750G×0.3) =575G が毎日得られるものとします。

また、デイリー報酬については、毎日4勝すると550Gもらえますので、トータルとしては毎日1125Gもらえる計算になります。

1シーズンに90日とすると101,250G分の資産形成を行うことができます。つまり20250ジェム相当の価値になります。

必要な課金料

さて、ここまでで


・42400ジェム分の資産形成が必要

・マスタリーパスで11800ジェム相当の資産形成ができる

・クエスト+デイリー報酬で20250ジェム相当の資産形成ができる

ということがわかりました。
この差は10350ジェム=52パック相当です。

と、いうことは・・・・

各エキスパンション毎の先行購入50packを入手すれば、レアのコンプリートが可能

ということになりますね。

多分WotCは「MTGアリーナやるプレイヤーはこれぐらい課金してくれよ」って思ってるってことなんでしょう。
実際には、神話レアも半分ぐらいは集まりますし、vaultからのレアワイルドカードの入手やアンコモン報酬のレアへの変化などもありますから、これよりは課金額は減ることにはなると思いますが、大まかな目安としてはこんなもんで十分なところでしょう。


もう少し考えてみる

※ここから先は蛇足です。

先行購入で50packを入手したとしても、マスタリーパス購入に必要なジェムはクエストやデイリー報酬では取得できません。マスタリーからは2000ジェムしか入手できないので、1400ジェムを調達する方法が問題になります。
もちろん、課金をしてもいいのですが、その場合は先行購入に加えて課金をすることになるので、その分だけ資産がだぶつくことになってしまいます。
なので、ランク戦ドラフト(参加費5000G)を支払って、賞品のジェムを1400ジェム分集めるということになります。

ドラフトの賞品は2勝で200ジェム、3勝で300ジェムなので、6回のドラフトで1400ジェム集めた場合(2勝4回、3勝2回)を考えてみると

・賞品パック(確率で入手できる追加パック分も含む)
7.5パック=1500ジェム相当

・ピックしたカード
ピックしたカードは少々計算が面倒。なぜなら、パックを剥いたときは神話レアを引くことでレアが引けなかった場合でもワイルドカードのおかげで概ね1パック=レア1枚の構図になっていたが、ドラフトではそれがないため6回のドラフトで18パック分ピックしても、レアは15枚ぐらいしか期待できないことになるため。
また、ダブりが発生した場合にピックしたカードの資産価値は減ってしまうので、マスタリーパスのためのジェム稼ぎはエキスパンションリリース直後にやるのがおすすめ。
ドラフト6回で15枚のレアをピック=15パック開封相当=3000ジェム相当

・賞品のジェム
1400ジェム

よって、合計で5900ジェムが入手できることになります。
参加費は6回分で30000ゴールドですがそこから5900ジェム相当を入手できることになります。
パックを買う場合は1000ゴールド=200ジェムなので、パックを購入する場合は30000ゴールドは6000ジェムと等価になるため、若干の目減りはしていますが、マスタリーパスのために課金をしなくていいことを考えれば十分許容できる範囲でしょう。


まとめると

・先行報酬を購入します。レアが50枚分ぐらいたまります。
・デイリー+クエスト報酬で10万ゴールド貯めます。
・そのうち3万ゴールド使ってドラフトを6回やります。レアが20枚分ぐらいたまります。
・賞品の1400ジェムと、前回のマスタリーで得た2000ジェムでマスタリーパス買います。
・マスタリーパスのレベルを100まで上げます。レアが56枚分ぐらいたまります。
・デイリー/クエスト/マスタリーで得たゴールドからドラフト参加費を引くと、8万ゴールドぐらい余るので、それで80パック買います。レアが80枚分ぐらいたまります。
合計でレアが206枚分ぐらい集まるので、ほぼコンプリートできます。

と、いうことになります。

この方法の問題点は「デイリーやマスタリーでカードを入手する都合上、使いたいカードを揃える時期が遅れてしまう」ということです。
これを回避する方法が一つあります。それは8万ゴールドを使って80パックを買うのはどのエキスパンションでも構わないということです。
なので、最初に11万ゴールド+3400ジェムを貯めた状態でスタートするか、20000ジェム(だいたい1万円ぐらい)を初期投資として買ってしまえば、リリース直後にパックを70パックほど買って、次のエキスパンションのリリースに備えてゴールドを貯めるという方法を取ることができるということです。

なので、エルドレインの王権ブロック以降のカードを揃えるためには以下のような方法を取ると我慢することなく揃えられることになります。

エルドレインの王権のリリース前の準備

・エルドレインの王権のリリース前に11万ゴールドと3400ジェムを用意する。
・エルドレインの王権の先行購入で50パック購入する。

エルドレインの王権リリース後

・マスタリーパスを買う
・リリース前に貯めた資産でドラフトを6回やって1400ジェム集める
・残ったゴールドを使ってパックを購入する(70パックぐらいは剥けるはず)。この時、次シーズンのためにドラフト賞品の1400ジェムは残しておく。
・先行購入のパック(50個),ドラフトの賞品パック(7個ぐらい),ゴールドで買ったパック(80個)を開封する(ドラフトの後に行うことで、ダブりによる資産目減りを回避する。ただ、ランク戦ドラフトの解放がリリースしてから少し時間が開くので、待ちきれないって人はパック剥いてからドラフトでもいいと思います。)
・ドラフトのピックとかを含めると、神話レアが15種60枚中20枚ぐらい、レアが53種212枚中135枚(約50%)ぐらいたまるのと、ワイルドカードが神話レア4枚とレアが17枚ぐらいたまります。これだけあればだいたいのデッキは組めると思うので、その資産でデイリー、クエスト、マスタリーを達成します。
・次のエキスパンション直前には10万ゴールドと3400ジェムが手元に残るので、このサイクルを繰り返す。

といった感じになります。


感想などあればツイッターまで@mtgbokuoo

それでは、良いMTGアリーナライフを!