Card image cap

2019/09/01 18:19

全知ドラフト(基本セット2020)の攻略法

みなさん、アリーナしてますか?

私自身は土地事故に不満をいいつつも、なんだかんだほぼ毎日プレイしています。


さて、そんなアリーナで全知ドラフトのイベントが始まりました。

これまでも各エキスパンションで行われてきましたが、全知ドラフトが結構好きな私は休日つぶして遊んでいるところです。

今回の記事では、全知ドラフトのピック指針などなど、いろいろと書いていこうと思います。


何のために全知ドラフトをするのか???

さて、全知ドラフトの利点は何でしょうか?もちろん、面白いというのも一つの解ではありますが、私にとって全知ドラフトは「ジェムを効率よく吐くことが出来るイベント」という側面もあります。

全知ドラフトは、性質上結構早めに勝負がつくことが多いです。先手1ターンで(相手の投了で)決着がつくことも少なくありません。
MTGアリーナでは、ジェムの消費先として「パックを買う」「イベントの参加費として使う」という2点がありますが、単にゲーム内資産を増やすという観点で見た時に、パックを買うよりはドラフトに参加しまくったほうがいいのです。

---閑話休題----
具体的な数値としてドラフトの損益分岐点を考えてみます。
まず、普通にパックを剥いた時に「レア何枚分が手に入るか」を考えてみます。
ドラフトと異なり、素でパックを剥いた場合、6パックごとにレアのワイルドカードが手に入ります。
ワイルドカードの価値をどのぐらいと見積もるかは課金の程度によって異なりますが、最終的にはレア1枚分とワイルドカードがほぼ等価になることを考えると、おおむね1パック当たり1.166枚分のレアが入っていると言えるでしょう。

したがって、パック及びレア1枚の価値は
1パック:200ジェム
レア1枚:172ジェム

となります。
ドラフトで「必ずレアをピックする」というルールで行った場合、3パック分剥きますから、
172×3≒500ジェム相当の価値は保障されているわけです。

さて、商品を見てみると、0勝時の商品は

「50ジェム+1パック」です。

したがって、ドラフトの価値は
レア3枚分の500ジェム+商品の50ジェム+商品1パック(=200ジェム) となり、合計750ジェム相当の商品が帰ってくることになります。

つまり、ドラフトは回し得なのです。

ただし、すでに4枚持っているレアをピックしたり、マネーピックをしなかった場合などにはその分価値が減っていく点には注意です。あまりにもダブりが多くなるなぁと感じたらそのあたりでドラフトをやめるのも一つの手ではあります。
------------------------------

基本セット2020全知ドラフトのメタゲーム

メタゲームと偉そうなことを書きましたが、実際には単に強いカードをドンドンピックしていくだけですので、メタゲームも何もないのですが、何回か回した感じた点として

・後手有利

・コンバット大事

・意外とシナジーが多い

という点があります。灯争大戦の全知ドラフトを狂ったように回した際は、先手が超有利なゲームだったのですが、基本セット2020では、カードの枚数差が極めて重要と感じました。
ただ、一部のハンデスに代表されるように先手と後手で大きく強さが変わるカードもある点は注意です。


必ずピックするカード

この記事を読んでる人の大半の目的は「点数表よこせ」ってことだろうと思いますので、さっさと書きます。

全知ドラフトでは色を考える必要が無いので、単に強いカードの順番に取っていくことが一番大事です。

もちろん、デッキ全体のバランスを考えたピックも必要なのですが、まずは全知ドラフトで強いカードを覚えていくことから始めましょう。

レア/神話レアについては、マネーピックの要素もあるので、いったんは置いておき、アンコモン/コモンについて、まず書きます。


このゲームで最も強いカードです。これより強いカードはレア/神話レアを含めても存在しません(次点が風の騎兵です)。見つけたら全てを放り投げてピックしましょう。
後述しますが、このカードがあることによって無限ループに持ち込み、簡単に勝つことが出来ます。

コイツも超強力カードです。相手が先手だったとしても瞬速のおかげでエンドに着地して即ドローができます。
各ターン1枚ドローができるので、リソース差が簡単につきます。


全知ドラフトでは定番の強カード。2枚引くということはこの環境では最強のカードです。


何枚とってもいいカード

基本的にはキャントリップです

これらのカードは他に取るべきカードが無いタイミングであればとってしまって構いません


1枚か2枚ぐらい取っておくべきカード

ここまでに挙げたカードは大半がドロー系のカードでしたが、それだけでは勝ちにつながりません。
実際に勝つためのクリーチャー達とは別に、ここに挙げたカードを見かけたら1枚ぐらい取っておくと、デッキの地力につながります。
ドラフトとしては、マストピックのカードと何枚とってもいいカードを中心にとっていき、とるカードが無い場合には以下のカードから候補を探すという感じになります。

合わせて5枚ぐらい取っておくカード

基本セット2020の全知ドラフトでは、勝つために殴るクリーチャーは3種類しかいません。覚えておきましょう。クリーチャー御三家です。

この3枚のカードがコンバットの主役になるので、合計で4~5枚ぐらいとれるといいでしょう。

ドラゴン魔導士も悪くはないんですが、不利な盤面で貪爪に一方的にやられてしまう点と、通った後が運ゲーになりがちなので、個人的にはそこまで優先度は高くないです。

ドラフト全体観

全知ドラフトで目指すのは、「盤面にクリーチャー御三家を相手より多く並べて勝つ」または「無限コンボを決めて勝つ」になります。
キャントリップは御三家にアクセスしつつ運よく無限コンボのパーツになるという点を持っていますので、ピック段階では、キャントリップを中心にピックし、実際の対戦ではキャントリップで御三家クリーチャーにアクセスするという流れが主流になります。


シナジー

星霜の学者シナジー

一番簡単なシナジーです。バウンス呪文があれば、墓地のカードを何回でも使えます。ドロースペルを連打してもいいし、反逆の行動で全部パクっても構いません。

聖域の門シナジー

聖域の門はオーラ毎バウンスします。したがって、戦場に出た時に誘発する能力を持つクリーチャーやオーラを使うことで、どんどんアドバンテージをとっていくことが出来ます

反逆の行動シナジー

シナジーではありませんが、反逆の行動は自分のクリーチャーにも打つことが出来ます。自分のクリーチャーに打つと速攻を得ることが出来るので、ドラゴン魔導士の能力を誘発させることが出来ます。

土覆いのシャーマンシナジー

これもシナジーではありませんが、ドロースペルを打ちまくった後にこのカードを使ってドロースペルをデッキに戻すことで、デッキの強化ができます。

実際のピック

ここでは、実際に私のピックを載せておきます。

1-1はまさかのカイカ!こいつはかなり強いカードです。キャントリップを打ちまくってトークン増やした後、全体強化で勝つという流れが狙えそうです。ピック!

強いカードが全然ないですね・・・強迫をとりました 

ここも外れ。ブロントドンをとるか、鞭使いをとるかで悩みましたが、ブロントドンはクリーチャーとしての性能の信頼性が低いので、カイカと相性のいい鞭使いの方をピック


4手目はスクショ取り忘れました。すいません・・・

ムラーサの胎動をピックしました。この時は精神腐敗と悩んだのですが、カイカをピック出来ていたので、除去や打ち消しからのリカバリに備えてムラーサの胎動の方をピックしました


ここもめぼしいカード無し。キャントリップである天使の贈り物をとります。

ここでようやく翼ある言葉が登場。優先してピックします

キャントリップ2種との魂回収からどれを取るかになりますが、ムラーサの胎動をピックした時と同様に、強いクリーチャーがとれているので魂回収の方をピックします

ここは難しくないですね。骨を灰にをとります

あまりとりたいカードが無いですが、アーティファクトを割れる無謀な空襲をとりました

夏の帳も悪くはないんですが、この環境では殆ど輝かないんですよね・・・

残忍な異形と相打ちとれるという最低限の機能のある炎の精霊をピックします。

垂直落下はこの環境ではボムレアに対して有効になるカードなので、お守りとしてとっておきます。

天使の贈り物とのコンボもありますからね

精神腐敗と西風の突撃で迷って精神腐敗をピック。どっちもコモンですし、複数引いた時の有効性を考えて精神腐敗を優先。

吸血鬼をピック。この環境の4マナ要求打ち消しは一切機能しません。消去法でとります。

どっちでもいいです。40枚分のカードがとれないときに、どっちを入れるかとなれば、ゲインランドの方がライフゲインの意味がありますが、50歩100歩です。考えるのも面倒なので、地盤の裂け目をピックしました

島。

レアは微妙なラインですね。御三家クリーチャーはまだ焦って集めなくてもいいので、失敗の少ない雲族の予見者をとります。

ここは御三家クリーチャーしかいないので、鱗剥ぎの捕食者をピック

骨への血は強そうに見えて、それほど強くないカードです。
クリーチャーを自爆特攻させて、魂回収する方のとほぼ変わりません。
振り返れば狂気の一噛みのほうがよかったですね・・・

アーティファクトやエンチャント破壊用に自然な最後をピックします。自然な最後は解呪の上位互換です

このタイミングで初めて予期と出会います。今回のドラフトはなかなか強いカードもらえません・・・

キャントリップぐらいしかとるものがないので、焼印刃をピック

御三家クリーチャーいますね。とりましょう

消去法で魂回収をとります

ここでも御三家。ピック。これで御三家は3枚です。

除去しかないですね。空からの突撃をピック

どれもこれも弱いカードですが、唯一使いどころ次第で輝くコンバットトリックである立腹をピック

カイカと相性のいい鼓舞する突撃をとりましょう

同上、消去法でも鼓舞する突撃一択です。

選択肢0

同上


ここまでで2パック目。ドロースペルが少ないという不安はあるものの、最低限のカードはピック出来ているので、相手がブン回らなければゲームにはなりそうです。

2パック目に続き、レアが使い物にならないですね。ただ、翼ある言葉があるのはうれしいです。喜んでもらいましょう。

最後のひと押しに使える捕獲する渦をピック。御三家が2枚残ってるので、どっちかが帰ってくればうれしいです。

ここで船乗り!喜んでピック。
デッキパワーの不安がありましたが、だいぶ解消されました。

ムラーサの胎動をピック。鞭使いでもよかったかもしれません。

翼ある言葉がある。優先してピック。

御三家とどちらを優先するかという点ですが、3-2が帰ってきたら1枚は残ってるだろうという読みと、現時点ですでに3枚確保してるので、カイカを探しに行けるリッチを優先してピック。

成長の季節は非常に魅力的ですが、今回はオーラをあまりピック出来ていませんし、混迷や焼印刃も全然取れてません。翼ある言葉の方が強いでしょう。

骨を灰にはこの環境でめちゃくちゃ強いのでピック

強迫ぐらいしかとるカードが無いですね。鍵も悪くはないんですが・・・

鱗剥ぎの捕食者と貪爪が1枚ずつあったパックなのに、どちらも戻ってきてない!涙を流しながらチャンプ要因になれる骸骨をピック

御三家を見つけました。最低限必要な4枚はこれで確保。否認も捨てがたいカードではありますが・・

キャントリップである焼印刃をピック

狂った刃

精神腐敗

ゴーレム


まぁ、50点ぐらいの出来ですかね・・・

島、男爵領の吸血鬼、地盤の裂け目、炎の精霊、石のゴーレムを抜いてデッキ完成!

気を取り直して試合開始!

1試合目:後手
初手:強迫、カイカ、翼ある言葉

強迫のおかげで安全にカイカを着地させる。翼ある言葉を即座に打って、トークンわらわら出して勝ち

2試合目:先手

初手:精神腐敗、骨への血、無謀な空襲
精神腐敗を通して手札を減らすものの、相手が残した1枚が鱗剥ぎの捕食者。
一回殴られた後のに、空からの突撃→貪爪と引いて勝ち

3試合目:先手

初手:翼ある言葉、翼ある言葉、骨への血
リソース差つけて勝ち

4試合目:後手

初手:まばゆい神盾、骨を灰に、残忍な異形
骨を灰にで4/4オークを打ち消した後に、相手が残忍な異形をキャスト。
返しのターンで幽体の船乗りを引いたので、相手の骨を灰にをケアするために残忍な異形からキャスト。
相手が骨を灰にで打ち消しに来たので、それにスタックして安全に幽体の船乗りを着地させ、リソース差で勝ち

5試合目:先手

初手:焼印刃、焼印刃、魂回収
やることない手札なのに、先手というがっかりな状況。相手が1ターン目に抽象からの抽出を打ってくる。
その後焼印刃を2回打つも、ドローが弱くリソース負け

6試合目:先手

初手:骨を灰に、療養所の骸骨、精神腐敗

精神腐敗を通して、骨を灰にで残ったカードからのクリーチャーもつぶす。その後引いた貪爪で勝ち

7試合目:先手

初手:カイカ、残忍な異形、鱗剥の捕食者

全部展開した後、相手は夜明けの天使(3/2飛行),溶岩族の喧嘩屋(2/4),ゴブリンの密輸人(2/2)と展開。
こちらの残忍な異形と鱗剥の捕食者を倒すには2:1交換が必要なので、殴ってカード枚数で差をつける。
相手が出してきた後続も骨を灰にで打ち消して勝ち
これで6勝!あと1勝!

8試合目:後手

初手:自然の最後、カイカ、翼ある言葉
かなり強い手札。と、おもいきや、相手が初手で絞首された処刑人を展開。
除去カードがほとんどないので、カイカからスタートするしかない。
結局カイカは1体だけトークンを産んで役目は終了。
その後、相手の盤面に鱗剥の捕食者だけが残る状況まで持ち込み、ブロッカーが引ければ勝てる状況まで持ち込んだものの、ブロッカーを引かずに負け

9試合目:後手

初手:垂直落下、鱗剥の捕食者、鼓舞する突撃

相手が鱗剥の捕食者、ムーアランドの審問官と展開。こちらは鱗剥の捕食者だけしかブロッカーがおらず相手が先手のため、盤面はジリ貧。その状況でビビアンまで展開されて負け。

結果は6勝でした!もとはとれたし、これぐらいのピックで勝てたのはラッキー。
カイカのカードパワーで勝ったドラフトでした。